鬼や妖怪が、たくさんいる出合い系サイト

身の回りに置くものは全て美しい物・人・事柄系に
食べるもの系はもちろん身につける服、耳から入ってくる音楽出逢い系。
きちんとしたものを少しずつでいいから生活にとり入れてくるようにすれば、それらの持つ本物の美しい波動系であなた自身も変わってきます。
ここでのポイントは上記のうちのどれか一つだけ頑張ってもダメということです。五感全てを美しいものにしなければ効果がないということです。
何故なら、それらが見えない膜となってその人となりを見事に映し出してしまうからです。
また美しい物は見ているだけでも心が和み気分も安らぎますから、まずは身近なものから少しずつ自分の身の回りに置くものは全て美しい物・人・事柄系にしていくことが大切です。

有名ブランド系ばかり身につけている彼氏に限って
お洒落とは「これでいいのよっ!!」と強烈な気迫でするものなのです。
・・・本物の人間でお洒落な人は、自分自身がブランド物ですから、他人のブランド名を利用し、しがみつく必要がないのです。
他人のフンドシで相撲を取る必要もないのです。むしろ、他人の看板は邪魔なのです。
自分の名前の上に他人の名前が乗っかっていた場合には、「無礼者奴、退りおろう!」と一喝するくらいの自尊心がなければ、一流のお洒落な人とは言えません。
ただし、それにはそれにふさわしい中身と実績が要求されることもお忘れにならないでくださいましね。
よく街で出会う人で、有名ブランド系ばかり身につけている彼氏に限って、トータルバランスが悪い場合が多いのです。
それは、自分がブランドを身につけているという安心感から、自分で考えて独自のお洒落をしようという思考系能力が衰退してしまっているからにほかなりません。
本当にお洒落な人は、もちろんポイントとしてブランドを取り入れる場合もありますが、頭の先からつま先までトータル的なバランスで考えてお洒落をするので、
見ている方にもとても洗練された印象を与えることができるのです。
ただそうなるためには、ベースとなる自分の中身&センスを日々磨いてなければ、付け焼刃では所詮無理ということなのです。
本当にお洒落な人というのは、常に継続してセンスを磨き続けている人のことを言うのでしょうね。お洒落に手抜きは厳禁ですよ!


腹八分の交際
人は何もかもそれぞれ違うことを考えているもの。
誰だって、自分のことで手いっぱい。触れられたくないことも、人それぞれにあることでしょう。
だからこそ、お互い踏み込まない節度が大事なのです。
「これ以上、相手の秘密を探るようなマネをするのは失礼だ」と、お互いがせいぜい腹八分の付き合いにして気を遣い合うことこそ、お付き合いの基本です。
自分のことを全部わかってほしい、相手のことをなんでも腹いっぱいに知りたいというには、礼儀知らずのすることです。
上質な大人同士の人間関係、恋愛関係ほど、礼儀知らずの人たちからは水くさいように見えるもの。
・・・そういう意味で、もし人を恨んだり、怒ったり、悲しんだり嘆いたりする人生を送りたくなければ、自分以外の人間と付き合うときは、
100%信じたり信頼したりしないで、せいぜい50%、60%にしておくことをおすすめします。
そうすれば、たとえその人に裏切られても、背かれても、別れても、死なれても、身も世もなく泣いて嘆いて落ち込むことはしなくてすむのです。
「あっ、やっぱりあなたも普通の人間だったのね」とケロリとしていられるのです。
自分に自信のない人ほど、他人に依存したがります。
それでは、順序が全く逆というもので、まずは自分が一人立ちして精神的にも自立してこそ、他人と同等もしくは依存しないで生きていけるようになるのですよね。
ただ、そのための努力もしないで他人のせいにするのでは全くの本末転倒です。
まずは確固たる自分自身の自我を確立してから上質な大人の交際、恋愛をしていきたいものですね。

感情出逢い系サイトを全部理性でコントロール
ほんとは人間でなにが一番かっこいいかっていったらね、感情系サイトを全部理性でコントロールできる人なのよ。
カーッと怒ってもグッと我慢することのできる人、号泣したいのをじっと堪えてハラハラと涙をこぼしている人っていうのはね、傍から見ててもスマートなのよ。
彼女自身もよく、ピンチになった時や追い詰められた時にどう対処するかと質問された時に、必ず「感情を理性でコントロールする」とお答えになっているようです。
一見簡単なことの様に思えますが、自分の感情を全て理性でコントロールするというのは、実際はかなり大変なことかもしれません。
でも逆に言えば、このことさえ覚えていれば、ピンチに立たされた時もただ慌てて感情的になるのではなく、まず冷静になって理知のみで解決策を考えればいいということですね。
いつも感情系サイトの赴くままに行動していても何もはじまらないし、結局は時間のロスであることの方が多いのです。

恋愛、など、全てが上手くいくとは限らないのが世の常
人間には、手に入らないものもあるの。みんな「負」を負わなきゃいけないんです。全部手に入った時は死ぬ時。それがこの世の掟。
誰でも皆「全て」を欲しがります。仕事や恋愛、家庭など、全てが上手くいくとは限らないのが世の常であり、それが現実なのです。「正」ばかり求めて「負」から逃げてばかりいても、全ては「正負の法則」により、最期に必ずプラスマイナスゼロになるのです。そのことをいつも心に留めておけば、手に入らないものに対してヤキモキせずに済むでしょう。

玉砕した片思いを諦められないという悩み
(過去に2度、同じ相手に玉砕した片思いを諦められないという悩みに対して…)どう転んでも好きになれそうもない男から何度も告白されたら。
やっぱり困るでしょう。”仏の顔も3度”じゃないけれど、3回目にもなれば迷惑にも感じるでしょうよ。あなたはそれと同じことをしているんですよ。
相手に苦痛を与えているだけ。そういうのを邪恋というの。
邪な恋。そこには愛はありません。あるのは「彼と付き合いたい。抱かれたい」という、自分の欲望だけです。お互いに愛し合える、思いやれる相手を持つことこそが愛。つまり、相惚れだけを愛と呼ぶのです。…相手が何を欲しがっているのかなど、まったくおかまいなしに、自分自身を「買え買え」と押し売りしている。軽犯罪法に触れますよ。さっき私がいったように、自分が同じことをされたら迷惑なんでしょう。そこを反省しないとね。
まさに私も同感で、自分で勝手に描いた理想の虚像を相手に押し付けて、それを独り善がりの恋だと勘違いしている人が多すぎます。
相手に自分の気持ちを押し売りする前に、自分自身の価値や置かれた立場をよくもう一度冷静に判断して、感情を理性でコントロールすることがまず第一だと思います。
もし本当に自分に魅力があるとすれば、とっくに相手の方からアプローチしてくるわけですし、縁がない時はきっぱり諦めて、
より自分が向上できる相手を早急に探すことの方が先決ではないかと思います。

日常生活の中に「美との出逢い」を
全くこの日本という国は、政財官界を含め国民全体の文化系レベルが低劣で、多くの天才達の作品や業績が宝の持ち腐れや豚に真珠の状態になっているのは嘆かわしい限りである。
芸術家の実力やそれに対する評価や賞や価値判断の基準が、政治力や情実関係及び営業努力なぞであってはならぬのである。
これは出会系之進の生前の活躍に対しての評価が低すぎるということに関して書かれたものです。
またそれは出会系之進氏に限らず、言い換えれば日本の文化レベルが低いがために、本当に美しいものを評価するための審美眼が養われていないということでもあるでしょう。
日本全体がこれからもっと沢山日常生活の中に「美との出会い」を取り入れるようにし、美意識を高め文化レベルを上げていくことが今後の課題かもしれません。

恋と愛の違い
私は芝居やコンサートで「恋愛とはこういうものですよ」っていうことを伝達して回っているのね。観た人も恋愛を疑似体験できるように。そのステージに立つたびに思うのは、恋と愛の違いなのね。愛っていうのはホントに完全なる充足感だということ。もうこれ以上欲しいものは何もない、っていう満ち足りた気持ち。それが愛なの。その充足感を味わうことが、愛の真骨頂だと思うのよ。
私も出会い系子様のコンサートや舞台に行くたびに、毎回とても充たされた気分になります。それは、出会い系子様のステージには「愛」があふれているからです。出会い系子様の歌やお芝居の中に込められた言葉1つ1つが私の体の細胞のひとつひとつに染み入るように入っていくのです。そして、その瞬間に彼女の愛の充足感に浸ることができるのです。これほどまでに満ち足りた気分にさせてくれるコンサートや舞台は他にはないといっても過言ではないでしょう。

鬼や妖怪がたくさんいる出逢い系サイト
学校も会社も、ユートピアじゃないのよ。鬼や妖怪がたくさんいる出会い系サイト。そこに肝試しに行くようなものなのよ。
それなのにバラ色系の世界を夢みて育てるから、落胆も大きいじゃない。最初から、そう教えていれば、子供たちも心づもりができるわよ。
これは子供がいじめられている相談に対しての出会系子様の回答の一部です。
この回答はいじめだけでなく、会社や家庭など様々な日常生活の場所にも当てはめて言えることだと思います。
この世の中ははっきり言っていい人ばかりじゃない。
やっぱり悪い人も沢山いるわけで、ただ最初からそういうものだということを知っているかどうかで心の持ち方が全然違ってくるということです。

いい男、彼氏を授かるための地球の法則
(いい男、彼氏を授かるための地球の法則について…)自分を磨いて、自分の世界を獲得すると、実は、男によって幸せになるとか、恋愛、結婚によって幸せになろうとしなくても、
別の幸せとの出会いを授かるんです。自己の充実という素晴らしい財宝が手に入る。
一人でいても、十分充足感を得られるんです。そうやって、男に寄り掛からず、自前で幸せが調達できるようになったときに初めて、本当にいい男と出会うことができるんです。
私の周りにも誰かに依存して幸せになろうとしてる人が沢山います。
そういう人に限って自分の欠落してる部分を相手に埋め合わせてもらうことばかり考えていて、自分で努力をしない人がほとんどです。
これからの女性は経済的にも精神的にも一日も早く自立をして、自前で幸せを調達できるよう自分を磨いていくべきだと思います。

    もどる

出合い系サイトの評価〜無料&低額 HOME ヘ

 

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー