出合い系サイトに頼らない出合い、恋愛(その2)

管理人ルームへ

「カワイイヨ」 チュー


     

06月10日〜出合い系サイトに頼らない出合い、恋愛
久しぶりの劇場。

やっぱり、映画鑑賞は大きなスクリーンが最高です。

その後、居酒屋さんへ。

すっかり、意気投合。二人で同じくらい飲んで、同じように酔っ払ってたみたい。

彼の顔を見ているうちに、だんだん、下の方が濡れてきちゃった。

彼も同じだといいな。


帰り道、

どちらからともなく、手をつないで歩いた。

そのうち、人影の無い所にいた。ドキドキの私の私のあごを指でちょっと押し上げて 「カワイイヨ」 と彼。

そして、チュー

いったん唇を離して、 「ホントニ カワイイヨ」

そして、今度は舌を絡めあう。


結局、マサキさんのお部屋に泊めてもらうことになった。



Fall in love

06月16日〜出合い系サイトに頼らない出合い、恋愛

足掛け二日間、マサキさんと一緒にいた。

今では見つめられただけで、ドキドキする。

「じゃ、またね。」

では泣いてしまった。



男と女が出逢った時.....

男性は思う。
(このヒトにとって、自分が最初の男だったらなあ。)

女は思う。
(このヒトの人生で、自分が最後の女になりたい。)


しかし、自分は今までに色々有った女だし。

だから、一生は一緒にいれないかもね。



気になったこと

06月24日〜出会い系サイトに頼らない出合い、恋愛
金土とお泊りできた。

幸せだったが、ちょっとだけ、ひっかかることがある。

六回ほど、マサキさんの携帯に着信。

「どこから?」と聞くと <迷惑メール>とのこと。

ただ、その時に、いつもよりも、ちょっぴりだけど、早口になる。


テレビを見てて、結婚式が映ったときに、何のコメントもなかったこと。それまでは楽しくお喋りしてくれてたのに。



告白のタイミング

07月21日〜出会い系サイトに頼らない出合い、恋愛
カレは私を好きなのか、遊びなのか?

知りたい 知らなくてもいいか 知りたい でもコワイ

今まで「カワイイヨ」とか褒められるけど、「好きだよ」って言われてない。


思い切ってこっちから先に言ってみるか

どのタイミングがいいか

食事中(朝、昼)

食後 (朝、昼)

夕食の時 (アルコール付き)

歩いてる時

チューの時

Hの前か後か



私はセフレ

08月05日〜出合い系サイトに頼らない出合い、恋愛
昨日、居酒屋で告白。

彼がほろ酔い状態になった時、真剣な顔をつくって、目を少し大きくして、見つめる。

「どうかしたの」

「前から言おうと思ってたんだけど、バレンタインでもないのに、女の子から言うのも変なんだけど、私、まさきさんのこと、好きなの。」

「ありがとう.....でも、ごめん。おれ、いなかにかのじょがいるんだ.....それにもう少しで、いなかにかえって家のあとを継がなきゃいけないんだ。おれ、長男だしさ。」


それから、日本酒にも手をだして、気がついたら自分の部屋。どうやって帰ったのかも覚えてない。

洗面所の鏡を見たら、泣いたあとがくっきり。


今もキーボードが見えなくなっちゃう。



<遊び>でもいいか。

08月27日〜出合い系サイトに頼らない出合い、恋愛
あの日から、マサキさんと会っていない。
何回か携帯で誘われたけど、いろいろ理由をつくって断ってきた。

あれから毎日、仕事が終わると友達と大酒を飲んで、夜、ベッドで泣く生活。

だって今までで最高に好きになった男性なんだもの。
そのカレから

「君のことは、好きとか嫌いとか関係ないんだよ」
「田舎にカノジョがいるんだ。」
「もう少しで、実家に帰らなきゃいけない。」

と聞かされちゃったから。


でも、

今日、突然、ふっきれたんです。

(自分を好きになってくれなくてもいいじゃない。
結婚なんかできなくてもいいじゃない。
あんなに素敵な人と、お付き合いしてもらえるだけでいいじゃない。)

こう思えたら、世界が元のように明るくなった。


今度は、こっちからメールしちゃおう。



今夜は、お遊び!

09月13日23:48 〜出合い系サイトに頼らない出合い、恋愛
久しぶりに、マサキさんと逢った。

彼が<遊び>とわかってからは初めてのデート。

真っ赤な口紅、飾りっけのないTバック、超短パン、背中が大胆なキャミ。

いいじゃん、こっちだって今夜は遊びなんだから。


いつもの居酒屋さん

それから、いつものラブホ。

お気に入りの203号室が、空いてた。


いつものように、脚の無いソファーでキス。

でも、ここからが違ってた。

なんと、ソファーで、そのまま最後までいっちゃった。


彼、コンドームを見せて

「うわー、いっぱい出ちゃった。」

見ると、すごい量の精液。

「えー、何で?」

「久しぶりだったかんな」

「他の女の子と、しなかったの?」

「あたりまえだよ。おれ、kana以外の女を見ても、何も感じなくてさ。」

....................

.....................

お別れした後、涙が止まらなくなっちゃった。


今日は、軽い遊びの筈だったのに。



サヨナラ

10月08日〜出会い系サイトに頼らない出合い、恋愛
昨日、彼からメールがあった。

「最後に、もう一回逢おうよ」と彼。

私は断った。

<最後の※※※>というものが、嫌いだから。

もし逢ったら、気持ちがキレちゃって、後で彼の田舎に押しかけちゃうかもしれないから。


断った後、久しぶりに、かをりにTEL.

彼女は大学からの友人。幾度かレズの体験をした。

「加奈か?珍しいな。どうしたの?」

「別に。ただ、久しぶりに一緒に飲みたくなったの」

「了解。じゃあ家に来なよ。」


彼女の家に飲みに行ったら、どうなるかは想像できた。

でも、今の気持ちを押さえるには、他に方法が無かった。


行ったら、予想どおり、かをりは優しくしてくれた。

夜中まで飲んで、そして、夜が明けるまで愛してくれた。



今ごろ、彼は田舎に着いてる頃。

   <出合い系サイトに頼らない出逢い、恋愛> おわり


出合い系サイトの評価〜無料&低額 HOME へ

広告 [PR]  再就職支援 冷え対策 わけあり商品 無料レンタルサーバー